手抜きイラスト集

『ヨウム(Gray parrot)』の詳細ページです

【Gray parrot】オウム目インコ科の鳥類である。体の大半は淡灰色の縁取りのある灰色の羽毛に包まれている。風切り羽根は黒色。顔面部は羽毛がなく白い。嘴は黒、白~淡黄色の虹彩。赤い尾羽を持つ。主食は種子や果実。原産地はアフリカ西海岸の森林地帯。群集性がある。知能が高く人の言葉を良く覚える種として名高く、飼い鳥として人気がある。特に外国では、尾羽の赤い色が背中にまで達したヨウムを「王鳥」と呼んで珍重する。

ヒラツカジュク
【平塚宿】東海道五十三次の7番目の宿場である。現在の神奈川県平塚市にあった。

手抜きイラスト集

『ヨウム(Gray parrot)』の詳細ページです

【Gray parrot】オウム目インコ科の鳥類である。体の大半は淡灰色の縁取りのある灰色の羽毛に包まれている。風切り羽根は黒色。顔面部は羽毛がなく白い。嘴は黒、白~淡黄色の虹彩。赤い尾羽を持つ。主食は種子や果実。原産地はアフリカ西海岸の森林地帯。群集性がある。知能が高く人の言葉を良く覚える種として名高く、飼い鳥として人気がある。特に外国では、尾羽の赤い色が背中にまで達したヨウムを「王鳥」と呼んで珍重する。





ヨウム(Gray parrot) (3件)

【Gray parrot】オウム目インコ科の鳥類である。体の大半は淡灰色の縁取りのある灰色の羽毛に包まれている。風切り羽根は黒色。顔面部は羽毛がなく白い。嘴は黒、白~淡黄色の虹彩。赤い尾羽を持つ。主食は種子や果実。原産地はアフリカ西海岸の森林地帯。群集性がある。知能が高く人の言葉を良く覚える種として名高く、飼い鳥として人気がある。特に外国では、尾羽の赤い色が背中にまで達したヨウムを「王鳥」と呼んで珍重する。

【Gray parrot】オウム目インコ科の鳥類である。体の大半は淡灰色の縁取りのある灰色の羽毛に包まれている。風切り羽根は黒色。顔面部は羽毛がなく白い。嘴は黒、白~淡黄色の虹彩。赤い尾羽を持つ。主食は種子や果実。原産地はアフリカ西海岸の森林地帯。群集性がある。知能が高く人の言葉を良く覚える種として名高く、飼い鳥として人気がある。特に外国では、尾羽の赤い色が背中にまで達したヨウムを「王鳥」と呼んで珍重する。



▲TOPへ戻る