手抜きイラスト集

『タツマキ(Tornado)』の詳細ページです

【竜巻】空気の細長くて強い渦巻き。直径数十~数百メートルで、積乱雲の底から漏斗状に雲が垂れ下がり、海面または地上に達する。風速は毎秒100メートルを超えることもあり、海水・砂塵(さじん)を空中に巻き上げ、家屋を破壊する。海上で起こると水を巻き上げ、竜が天に昇るさまに似ているところからいう。

手抜きイラスト集

『タツマキ(Tornado)』の詳細ページです

【竜巻】空気の細長くて強い渦巻き。直径数十~数百メートルで、積乱雲の底から漏斗状に雲が垂れ下がり、海面または地上に達する。風速は毎秒100メートルを超えることもあり、海水・砂塵(さじん)を空中に巻き上げ、家屋を破壊する。海上で起こると水を巻き上げ、竜が天に昇るさまに似ているところからいう。

サザエサン
長谷川町子の漫画。また、その主人公。昭和21年(1946)から夕刊「フクニチ」に連載が始まり、昭和24年(1949)からは「朝日新聞」に約25年間連載された。



ピックアップ


タツマキ(Tornado) (2件)

【竜巻】空気の細長くて強い渦巻き。直径数十~数百メートルで、積乱雲の底から漏斗状に雲が垂れ下がり、海面または地上に達する。風速は毎秒100メートルを超えることもあり、海水・砂塵(さじん)を空中に巻き上げ、家屋を破壊する。海上で起こると水を巻き上げ、竜が天に昇るさまに似ているところからいう。

【竜巻】空気の細長くて強い渦巻き。直径数十~数百メートルで、積乱雲の底から漏斗状に雲が垂れ下がり、海面または地上に達する。風速は毎秒100メートルを超えることもあり、海水・砂塵(さじん)を空中に巻き上げ、家屋を破壊する。海上で起こると水を巻き上げ、竜が天に昇るさまに似ているところからいう。



▲TOPへ戻る