手抜きイラスト集

『ナワトビ(Jump rope)』の詳細ページです

【縄跳び】縄やロープを使った子供の遊び。1人のときは、左右の手で縄の両端を持ち、前後に回しながら、縄に触れないようにジャンプしながら跳ぶ。3人以上のときには、2人が縄の両端をそれぞれ持って、他の者がその中にくぐり入って縄に触れないように集団でジャンプして遊ぶ。また、縄を横に張渡しておいて、それを順に跳んでいって、次第に高くして、1人が残るまで跳ぶ遊び方もある。

手抜きイラスト集

『ナワトビ(Jump rope)』の詳細ページです

【縄跳び】縄やロープを使った子供の遊び。1人のときは、左右の手で縄の両端を持ち、前後に回しながら、縄に触れないようにジャンプしながら跳ぶ。3人以上のときには、2人が縄の両端をそれぞれ持って、他の者がその中にくぐり入って縄に触れないように集団でジャンプして遊ぶ。また、縄を横に張渡しておいて、それを順に跳んでいって、次第に高くして、1人が残るまで跳ぶ遊び方もある。

カスタネット
フラメンコのダンサーが手にしているほかに、小学生の器楽合奏などでも使われる。木製が多いが、合成樹脂製や金属製のものもある。本格的なフラメンコでは、右手に高音用、左手に低音用のカスタネットを持つ。紐の部分に親指を通して手のひら側に持ち、中指と薬指で叩いて音を出す。小指から人差指までの4指を連続的に使ってトレモロを演奏することもできる。この奏法をカレティリャ(Carretilla)という。




ナワトビ(Jump rope) (6件)

【縄跳び】縄やロープを使った子供の遊び。1人のときは、左右の手で縄の両端を持ち、前後に回しながら、縄に触れないようにジャンプしながら跳ぶ。3人以上のときには、2人が縄の両端をそれぞれ持って、他の者がその中にくぐり入って縄に触れないように集団でジャンプして遊ぶ。また、縄を横に張渡しておいて、それを順に跳んでいって、次第に高くして、1人が残るまで跳ぶ遊び方もある。

【縄跳び】縄やロープを使った子供の遊び。1人のときは、左右の手で縄の両端を持ち、前後に回しながら、縄に触れないようにジャンプしながら跳ぶ。3人以上のときには、2人が縄の両端をそれぞれ持って、他の者がその中にくぐり入って縄に触れないように集団でジャンプして遊ぶ。また、縄を横に張渡しておいて、それを順に跳んでいって、次第に高くして、1人が残るまで跳ぶ遊び方もある。



▲TOPへ戻る