手抜きイラスト集

『ナンキン(Nanjing)』の詳細ページです

【南京】1 カボチャの別名。
2 中国江蘇省の省都。揚子江の南岸に位置し、水陸交通の要衝。古来、三国の呉や六朝・明・中華民国などの都として栄えた。名称は建業・建鄴 (けんぎょう) ・建康・金陵などに変わり、明の永楽帝のとき、北京に対して南京と称した。

シラスガジュク
【白須賀宿】東海道五十三次の32番目の宿場である。現在の静岡県湖西市白須賀。遠江国最西端で、且つ、現在の47都道府県でも静岡県最西端の宿場町である。西の加宿境宿で売られていた柏餅は、白須賀宿の名物として有名だった。

手抜きイラスト集

『ナンキン(Nanjing)』の詳細ページです

【南京】1 カボチャの別名。
2 中国江蘇省の省都。揚子江の南岸に位置し、水陸交通の要衝。古来、三国の呉や六朝・明・中華民国などの都として栄えた。名称は建業・建鄴 (けんぎょう) ・建康・金陵などに変わり、明の永楽帝のとき、北京に対して南京と称した。

アイリッシュテリア
アイルランド原産のテリア犬。




ナンキン(Nanjing) (6件)

【南京】1 カボチャの別名。<br>2 中国江蘇省の省都。揚子江の南岸に位置し、水陸交通の要衝。古来、三国の呉や六朝・明・中華民国などの都として栄えた。名称は建業・建鄴 (けんぎょう) ・建康・金陵などに変わり、明の永楽帝のとき、北京に対して南京と称した。

【南京】1 カボチャの別名。
2 中国江蘇省の省都。揚子江の南岸に位置し、水陸交通の要衝。古来、三国の呉や六朝・明・中華民国などの都として栄えた。名称は建業・建鄴 (けんぎょう) ・建康・金陵などに変わり、明の永楽帝のとき、北京に対して南京と称した。



▲TOPへ戻る