手抜きイラスト集

『ネロンガ(Nelonga)』の詳細ページです

伊豆に出現した、電気を餌にする透明怪獣。かつて江戸時代にも出現した記録があり、その時は「村井強衛門(むらいすねえもん)」なる武士に退治されたらしいが、しぶとく現代まで生き残り、付近に発電所が建てられケーブルから電気エネルギーを吸収する内に電気を餌にする様になり怪獣化した。

アイスキャンディー
果汁などを容器に入れ、中心に木の柄を挿して凍らせた氷菓子。

手抜きイラスト集

『ネロンガ(Nelonga)』の詳細ページです

伊豆に出現した、電気を餌にする透明怪獣。かつて江戸時代にも出現した記録があり、その時は「村井強衛門(むらいすねえもん)」なる武士に退治されたらしいが、しぶとく現代まで生き残り、付近に発電所が建てられケーブルから電気エネルギーを吸収する内に電気を餌にする様になり怪獣化した。

オオバンコバン
【大判小判】江戸時代の金貨。いわゆる大判としては豊臣秀吉の命でつくられた天正大判がもっとも早い。表裏の文字墨書やその手入れ、墨書の書き直しも後藤家で行った。重量と品位に応じて小判に引き換えて用いた。




ネロンガ(Nelonga) (2件)

伊豆に出現した、電気を餌にする透明怪獣。かつて江戸時代にも出現した記録があり、その時は「村井強衛門(むらいすねえもん)」なる武士に退治されたらしいが、しぶとく現代まで生き残り、付近に発電所が建てられケーブルから電気エネルギーを吸収する内に電気を餌にする様になり怪獣化した。

伊豆に出現した、電気を餌にする透明怪獣。かつて江戸時代にも出現した記録があり、その時は「村井強衛門(むらいすねえもん)」なる武士に退治されたらしいが、しぶとく現代まで生き残り、付近に発電所が建てられケーブルから電気エネルギーを吸収する内に電気を餌にする様になり怪獣化した。



▲TOPへ戻る