手抜きイラスト集

『マロニエ(horse chestnut)』の詳細ページです

トチノキ科の落葉高木。樹皮は灰褐色で、葉は大きく、5〜7枚の倒卵形の小葉からなる手のひら状の複葉。初夏、赤みがかった白色の花を円錐状につける。実の殻にはとげがある。バルカン半島の原産で、街路樹などにされる。うまぐり。

アイオアシュウ
ミズーリ川とミシシッピ川の間に位置するアメリカ中西部の州で、起伏のある平原とトウモロコシ畑が広がる風景で知られています。

手抜きイラスト集

『マロニエ(horse chestnut)』の詳細ページです

トチノキ科の落葉高木。樹皮は灰褐色で、葉は大きく、5〜7枚の倒卵形の小葉からなる手のひら状の複葉。初夏、赤みがかった白色の花を円錐状につける。実の殻にはとげがある。バルカン半島の原産で、街路樹などにされる。うまぐり。

ビッチュウクワ
【備中鍬】刃の部分を2本から5本のくしの歯状とした鍬。水田の荒起こしなどに使う。



ピックアップ


マロニエ(horse chestnut) (3件)

トチノキ科の落葉高木。樹皮は灰褐色で、葉は大きく、5〜7枚の倒卵形の小葉からなる手のひら状の複葉。初夏、赤みがかった白色の花を円錐状につける。実の殻にはとげがある。バルカン半島の原産で、街路樹などにされる。うまぐり。

トチノキ科の落葉高木。樹皮は灰褐色で、葉は大きく、5〜7枚の倒卵形の小葉からなる手のひら状の複葉。初夏、赤みがかった白色の花を円錐状につける。実の殻にはとげがある。バルカン半島の原産で、街路樹などにされる。うまぐり。



▲TOPへ戻る