手抜きイラスト集

『アマビエ(Amabier)』の詳細ページです

江戸後期の刷り物(瓦版)を出典とする妖怪。海中より現れ、豊作と疫病の流行を予言し、自らの姿を描き写して人々に見せるようにと告げ、また海中へ帰っていったと伝えられる。瓦版には、長い頭髪のようなもの、菱形の目のようなもの、嘴のようなもの、鱗のような模様、三つ又の足あるいは鰭のようなものを有した、直立するアマビエの図が添えられている。

ヒバクデンシャ
歴史を伝え続ける「被爆電車」が走ることで知られる広島電鉄。2015年から継続実施する「被爆電車特別運行プロジェクト」の一環で、8月6日と9日に広島市内を被爆電車「653号」が走行しました。

手抜きイラスト集

『アマビエ(Amabier)』の詳細ページです

江戸後期の刷り物(瓦版)を出典とする妖怪。海中より現れ、豊作と疫病の流行を予言し、自らの姿を描き写して人々に見せるようにと告げ、また海中へ帰っていったと伝えられる。瓦版には、長い頭髪のようなもの、菱形の目のようなもの、嘴のようなもの、鱗のような模様、三つ又の足あるいは鰭のようなものを有した、直立するアマビエの図が添えられている。

プリングルズ
P&Gによって開発されたじゃがいもおよび小麦でできた成型ポテトチップスの商標である。世界140か国以上で販売され、年間10億USドル以上を売り上げている。




アマビエ(Amabier) (4件)

江戸後期の刷り物(瓦版)を出典とする妖怪。海中より現れ、豊作と疫病の流行を予言し、自らの姿を描き写して人々に見せるようにと告げ、また海中へ帰っていったと伝えられる。瓦版には、長い頭髪のようなもの、菱形の目のようなもの、嘴のようなもの、鱗のような模様、三つ又の足あるいは鰭のようなものを有した、直立するアマビエの図が添えられている。

江戸後期の刷り物(瓦版)を出典とする妖怪。海中より現れ、豊作と疫病の流行を予言し、自らの姿を描き写して人々に見せるようにと告げ、また海中へ帰っていったと伝えられる。瓦版には、長い頭髪のようなもの、菱形の目のようなもの、嘴のようなもの、鱗のような模様、三つ又の足あるいは鰭のようなものを有した、直立するアマビエの図が添えられている。



▲TOPへ戻る