手抜きイラスト集

『カスタネット(Castanets)』の詳細ページです

フラメンコのダンサーが手にしているほかに、小学生の器楽合奏などでも使われる。木製が多いが、合成樹脂製や金属製のものもある。本格的なフラメンコでは、右手に高音用、左手に低音用のカスタネットを持つ。紐の部分に親指を通して手のひら側に持ち、中指と薬指で叩いて音を出す。小指から人差指までの4指を連続的に使ってトレモロを演奏することもできる。この奏法をカレティリャ(Carretilla)という。

手抜きイラスト集

『カスタネット(Castanets)』の詳細ページです

フラメンコのダンサーが手にしているほかに、小学生の器楽合奏などでも使われる。木製が多いが、合成樹脂製や金属製のものもある。本格的なフラメンコでは、右手に高音用、左手に低音用のカスタネットを持つ。紐の部分に親指を通して手のひら側に持ち、中指と薬指で叩いて音を出す。小指から人差指までの4指を連続的に使ってトレモロを演奏することもできる。この奏法をカレティリャ(Carretilla)という。





カスタネット(Castanets) (2件)

フラメンコのダンサーが手にしているほかに、小学生の器楽合奏などでも使われる。木製が多いが、合成樹脂製や金属製のものもある。本格的なフラメンコでは、右手に高音用、左手に低音用のカスタネットを持つ。紐の部分に親指を通して手のひら側に持ち、中指と薬指で叩いて音を出す。小指から人差指までの4指を連続的に使ってトレモロを演奏することもできる。この奏法をカレティリャ(Carretilla)という。

フラメンコのダンサーが手にしているほかに、小学生の器楽合奏などでも使われる。木製が多いが、合成樹脂製や金属製のものもある。本格的なフラメンコでは、右手に高音用、左手に低音用のカスタネットを持つ。紐の部分に親指を通して手のひら側に持ち、中指と薬指で叩いて音を出す。小指から人差指までの4指を連続的に使ってトレモロを演奏することもできる。この奏法をカレティリャ(Carretilla)という。



▲TOPへ戻る