手抜きイラスト集

『アオウミウシ(Hypselodoris festiva)』の詳細ページです

【青海牛】最も有名なウミウシの一つ。全身がきれいな青に黄色の斑紋、それに赤い触角をもつ鮮やかな体色の小型種である。

セイドウノカネ
【青銅の鐘】青銅の一種で、教会の鐘を鋳るのに用いたもの。錫の含有率は二〇パーセント程度。これは現在の軸受け用の青銅と同程度の成分だが、工業上はこの名称は用いない。

手抜きイラスト集

『アオウミウシ(Hypselodoris festiva)』の詳細ページです

【青海牛】最も有名なウミウシの一つ。全身がきれいな青に黄色の斑紋、それに赤い触角をもつ鮮やかな体色の小型種である。

フジニホトトギス
昔から、和歌の中で「藤」と「ほととぎす」はセットで詠まれていました。それは、「藤」の咲く頃に「ほととぎす」が鳴き出すからです。藤は別名「青豆」「黒豆」とも呼ばれ、気品ある薄い青紫色の花を咲かすことから「藤色」の由来にもなっています。



ピックアップ


アオウミウシ(Hypselodoris festiva) (4件)

【青海牛】最も有名なウミウシの一つ。全身がきれいな青に黄色の斑紋、それに赤い触角をもつ鮮やかな体色の小型種である。

【青海牛】最も有名なウミウシの一つ。全身がきれいな青に黄色の斑紋、それに赤い触角をもつ鮮やかな体色の小型種である。



▲TOPへ戻る