手抜きイラスト集

『ホウイジシャク(azimuth magnet)』の詳細ページです

【方位磁石】羅針盤の一。水平面で自由に回転する目盛り盤に永久磁石を取り付け、航行中に機首方向の磁気方位を知る装置。船舶・航空機に使われる。磁気羅針儀。

バナナノタタキウリ
【バナナの叩き売り】かつて露天商、的屋が行う、独特の口上を述べながら客を引き寄せてバナナを露天で売る手法。

手抜きイラスト集

『ホウイジシャク(azimuth magnet)』の詳細ページです

【方位磁石】羅針盤の一。水平面で自由に回転する目盛り盤に永久磁石を取り付け、航行中に機首方向の磁気方位を知る装置。船舶・航空機に使われる。磁気羅針儀。

マツニツル
【松に鶴】花札の1月の札で、取り札では20点になる札のこと。1月の札にはこの他に「松に赤短」と「松のカス」がある。




ホウイジシャク(azimuth magnet) (3件)

【方位磁石】羅針盤の一。水平面で自由に回転する目盛り盤に永久磁石を取り付け、航行中に機首方向の磁気方位を知る装置。船舶・航空機に使われる。磁気羅針儀。

【方位磁石】羅針盤の一。水平面で自由に回転する目盛り盤に永久磁石を取り付け、航行中に機首方向の磁気方位を知る装置。船舶・航空機に使われる。磁気羅針儀。



▲TOPへ戻る