ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『ウメ(plums)』の詳細ページです

【梅】バラ科の落葉高木。葉は卵形で縁に細かいぎざぎざがある。早春、葉より先に、白・淡紅・紅色などの香りの強い花を開く。実は球形で、6月ごろ黄熟し、酸味がある。未熟なものは漢方で烏梅(うばい)といい薬用に、また梅干し・梅酒などに用いる。

ウメ(plums) (3件)


同じ種別のイラスト 

ウメ
【梅】バラ科の落葉高木。葉は卵形で縁に細かいぎざぎざがある。早春、葉より先に、白・淡紅・紅色などの香りの強い花を開く。実は球形で、6月ごろ黄熟し、酸味がある。未熟なものは漢方で烏梅(うばい)といい薬用に、また梅干し・梅酒などに用いる。中国の原産で、古くから庭木などにし、品種は300以上もあり、野梅(やばい)系・紅梅系・豊後(ぶんご)系などに分けられる。
ウメ
【梅】バラ科の落葉高木。葉は卵形で縁に細かいぎざぎざがある。早春、葉より先に、白・淡紅・紅色などの香りの強い花を開く。実は球形で、6月ごろ黄熟し、酸味がある。未熟なものは漢方で烏梅(うばい)といい薬用に、また梅干し・梅酒などに用いる。

【サイズ】 


関連のイラスト 

ワカメ
褐藻綱コンブ目チガイソ科に分類される大型の海藻の1種である。 根のような付着器で岩に付着し、羽状に分岐した葉(葉状体)は膜質で柔らかく食用になる。
マーガレット
キク科の半耐寒性多年草。和名はモクシュンギク(木春菊)。カナリア諸島が原産地で、17世紀末にヨーロッパへ渡る。日本には明治時代末期に伝わり、大正時代から幅広く栽培されるようになった。3-7月に花をつける。白色の一重咲きが普通であるが、黄色やピンクのもの、八重咲き、丁字咲きのものもある。
ピーナッツ
ラッカセイの実。南京 (ナンキン) 豆。
ホクト
青森県りんご試験場で育成されたりんごで、親の組み合わせは「ふじ」と「印度」と考えられています。
カブ
アブラナ科アブラナ属の越年草。春の七草の1つとしても知られる。食用にするのは胚軸とよばれる根の部分と葉で、日本各地に多様な地方品種がある。
クンシラン
ヒガンバナ科の多年草、ウケザキクンシランの通称。観賞用に温室で栽培。葉は濃緑色で幅広い剣形。春,花茎の頂に広漏斗状の大形の花を十数個散形花序につける。