ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『スミレ(violet)』の詳細ページです

【菫】スミレ属の多年草。山野の日当たりのよい地に生え、高さ約10センチ。地上茎はない。葉は長い三角形。春、花柄を出し、濃紫色の花を横向きに開く。名は、花の形が墨入れ(墨壺(すみつぼ))に似ているところからという。すもうとりぐさ。

スミレ(violet) (2件)


同じ種別のイラスト 

スミレ
【菫】スミレ属の多年草。山野の日当たりのよい地に生え、高さ約10センチ。地上茎はない。葉は長い三角形。春、花柄を出し、濃紫色の花を横向きに開く。名は、花の形が墨入れ(墨壺(すみつぼ))に似ているところからという。すもうとりぐさ。

【サイズ】 


関連のイラスト 

ニンジン
【人参】セリ科の越年草。茎は高さ約1メートルになり、葉は細かく裂ける。根は太く、地中にまっすぐ伸び、黄橙色。カロテンを含む代表的な野菜で、根のほか若葉も食用になる。初夏、白い小花を多数つける。名は、チョウセンニンジンに似ていることに由来。ヨーロッパから西アジアの原産。
ミキライフ
果実はやや小ぶりで、形は綺麗な円形をしていて、果皮は濃い赤に色付きやすく縞模様ははっきりとしていません。果肉の色は白が強い黄白色で、肉質はややきめが粗く、噛んだ感じはしっかりとした歯ざわりがあり少し固く感じますが果汁は多く、甘味と共にしっかりとした酸味が感じられ、爽やかなリンゴらしい美味しさがあります。
ジューンベリー
バラ科ザイフリボク属に属する小木。落葉で早春に5弁の白い花を咲かせ、細かい種子を含む果実が6月に収穫できるところから、その名称がついた。
ピーマン
トウガラシの変種。実は大きく、独特の香りのある若い果実を食用とする。辛味はない。
センシュウ
【千秋】秋田県生まれのりんごで、親は「東光」と「ふじ」です。1966年(昭和41年)に秋田県果樹試験場で交雑し、選抜・育成して1978年(昭和53年)に命名。1980年(昭和55年)に品種登録されました。千秋という名前は秋田市の「千秋公園」が由来といわれています。
ナシ
【梨】バラ科ナシ属の落葉高木。葉は卵円形。春の終わりごろ、白い5弁花をつけ、秋に大形で果皮に斑点のある実を結ぶ。果樹として栽培され、二十世紀などの青ナシと長十郎などの赤ナシがある。