ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『ミヤジュク(Miya-juku)』の詳細ページです

【宮宿】東海道五十三次の41番目の宿場である。中山道垂井宿にいたる脇街道・美濃路(美濃街道)や佐屋街道との分岐点でもあった。一般には宮の宿と呼ばれることが多かったが、幕府や尾張藩の公文書では熱田宿と書かれている。

ミヤジュク(Miya-juku) (3件)


同じ種別のイラスト 

ミヤジュク
【宮宿】東海道五十三次の41番目の宿場である。中山道垂井宿にいたる脇街道・美濃路(美濃街道)や佐屋街道との分岐点でもあった。一般には宮の宿と呼ばれることが多かったが、幕府や尾張藩の公文書では熱田宿と書かれている。

【サイズ】 


関連のイラスト 

マヤコダイドウブツ
【マヤ古代動物】マヤの遺跡から、動物の交易や飼育が行われていたことを示す、南北アメリカで見つかった壁画。
タカチホ
【高千穂】宮崎県北部、西臼杵(にしうすき)郡の地名。五ヶ瀬川の上流の町。天孫降臨神話にちなむ高天原(たかまがはら)・天岩戸(あまのいわと)などの地名がある。
ナスカノチジョウエ
【ナスカの地上絵】ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に、紀元前200年~紀元後800年のナスカ文化の時代に描かれたとされる絵で、幾何学模様あり、動植物をかたどった具象図形あり、とさまざま。大きさも数十mから数十kmに及ぶものまで、700を超す数の地上絵が確認されている。
ナスカノチジョウエ
【ナスカの地上絵】ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に、紀元前200年~紀元後800年のナスカ文化の時代に描かれたとされる絵で、幾何学模様あり、動植物をかたどった具象図形あり、とさまざま。大きさも数十mから数十kmに及ぶものまで、700を超す数の地上絵が確認されている。
ナスカノチジョウエ
【ナスカの地上絵】ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に、紀元前200年~紀元後800年のナスカ文化の時代に描かれたとされる絵で、幾何学模様あり、動植物をかたどった具象図形あり、とさまざま。大きさも数十mから数十kmに及ぶものまで、700を超す数の地上絵が確認されている。
ナスカノチジョウエ
【ナスカの地上絵】ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に、紀元前200年~紀元後800年のナスカ文化の時代に描かれたとされる絵で、幾何学模様あり、動植物をかたどった具象図形あり、とさまざま。大きさも数十mから数十kmに及ぶものまで、700を超す数の地上絵が確認されている。