ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『ノボリリュウ(Rising dragon)』の詳細ページです

【昇り龍】天に向かって上昇している竜。転じて、勇壮果敢で勢い付いている様子を形容する表現。

ノボリリュウ(Rising dragon) (1件)


同じ種別のイラスト 

ノボリリュウ
【昇り龍】天に向かって上昇している竜。転じて、勇壮果敢で勢い付いている様子を形容する表現。

【サイズ】 


関連のイラスト 

タコ
【蛸】頭足綱八腕目の軟体動物の総称。卵円形の頭状のところが胴で、内臓が収まっており、口状の漏斗からは墨・水・排泄物などを出す。頭は目のあるところで、口を俗にからすとんびといい、その下に8本の腕をもつ。腕には吸盤があるが、イカと異なりいぼ状。
アヒル
【家鴨】マガモを飼いならしてつくられた家禽 (かきん) 。紀元前に中国とヨーロッパで別々に家禽化されたという。肉用・卵用・卵肉兼用など、20種ほどの品種がある。
シノリュウ
アルゼンチンの約9千万年前の白亜紀の地層から、翼を広げた大きさが9メートルに達したとみられる巨大翼竜の新種の化石が見つかった。南米では最大の翼竜といい、研究チームはギリシャ語で「死の竜」などを意味する「タナトスドラコン・アマル」という名前をつけ、学術誌に発表した。
カモ
【鴨】カモ目カモ科の鳥のうち、ガン・ハクチョウ類以外の総称。中・小形の水鳥。先の丸い平らなくちばしをもち、指に水かきがある。一般に雄の羽色は派手で、雌は褐色。日本には秋に渡ってきてつがいをつくり、春に北方の繁殖地に戻るものが多い。マガモ・コガモ・オナガガモや留鳥のカルガモなどは水面で餌をとり、キンクロハジロなどは潜って餌をとる。
ヒョウ
ネコ科の哺乳類。ライオン・トラに次ぎ大形で、体長1.4〜1.8メートル、尾長85〜110センチ。黄色い地に梅花模様の黒斑があるが、全身黒色のものもいる。アジア・アフリカの平原・森林などに単独で暮らす。シカ・レイヨウなどを捕らえ、木の上に引き上げて食べる。
ハチ
【蜂】膜翅(まくし)目のうち、アリを除く昆虫の総称。二対の膜質の翅(はね)をもち、後ろ翅は小さく、前翅の後縁にかぎで連結される。産卵管の変化した毒針をもつものもある。完全変態をする。木の枝や軒先・地中などに巣を作り、花から蜜を集めたり他の昆虫を狩ったりする。社会生活を営むものでは、女王蜂・雄蜂・働き蜂などの階級があり、分業がみられる。ハナバチ・アシナガバチ・アナバチなど種類が非常に多い。