ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『リンゴノハナ(Apple flower)』の詳細ページです

4~5月にかけて芽から5~6つが放射状にまとまって開花する。

リンゴノハナ(Apple flower) (1件)


同じ種別のイラスト 

リンゴノハナ
4~5月にかけて芽から5~6つが放射状にまとまって開花する。

【サイズ】 


関連のイラスト 

シカガヤカボチャ
ひょうたんのように真ん中にくびれがある縦長の南瓜で、縦に幾条もの筋があり表面にはコブがびっしりとあります。この典型的なくびれとコブが出ているものが良いとされていますが、栽培環境が合わなかったり結実するところが高位節だったりするとこれがほとんど出なかったりするようです。表面の色は若いうちは濃い緑色ですが、熟すと共に柿色に色付き、全体に白く粉を拭いた状態になります。
キクザカボチャ
切り方によっては切り口が菊の花に見えるのが特徴の品種です。
アマリリス
ヒガンバナ科ヒッペアストルム属 Hippeastrum の植物の総称、原種は中南米・西インド諸島に約90種があり、数百種類の園芸品種が作出され、現在もその数は増え続けている。学名のヒッペアストラムはギリシア語で騎士の意味のhippeos(ヒッペオス)と星、astron(アストロン)から、アマリリス Amaryllis は旧属名であり古代ギリシャやローマの詩に登場する羊飼いのアマリリスから取られている。
バンペイユ
原産地はマレ-半島で、文旦などと同じザボン(白柚)の一種です。柑橘類の中では最大級で、世界最大とも言われています。
ショクダイオオコニャク
サトイモ科・コンニャク属の植物。別名スマトラオオコンニャク。インドネシア、スマトラ島の熱帯雨林に自生する。最短でも2年に一度2日間しか咲かない、世界最大の花として有名になった。
ピーマン
トウガラシの変種。実は大きく、独特の香りのある若い果実を食用とする。辛味はない。