ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『ジンコウエイセイ(Satellit)』の詳細ページです

【人工衛星】ロケットで打ち上げられ、地球や月など太陽系の惑星の周囲を公転する人工の物体。ソ連が1957年に打ち上げたスプートニク1号が最初。

ジンコウエイセイ(Satellit) (3件)


同じ種別のイラスト 

ジンコウエイセイ
【人工衛星】ロケットで打ち上げられ、地球や月など太陽系の惑星の周囲を公転する人工の物体。ソ連が1957年に打ち上げたスプートニク1号が最初。

【サイズ】 


関連のイラスト 

テンモンダイ
【天文台】天体の観測および研究に従事する施設。
ナマコカベ
【なまこ壁】土蔵などに用いられる、日本伝統の壁塗りの様式の一つで、その壁をも指す。壁面に平瓦を並べて貼り、瓦の目地(継ぎ目)に漆喰を蒲鉾形に盛り付けて塗る工法によるもので、目地の盛り上がった形がナマコ(海鼠)に似ていることからその名がある。
ドウゾウ
【銅像】青銅で鋳造した像。特に、野外に置かれる記念碑的な像をさすことが多い。
ヒシガタ
静岡県の道路にある「横断歩道あり」の道路標示。
オニガワラ
【鬼瓦】大棟(おおむね)や降(くだ)り棟の端に飾る瓦。獣面のほか蓮華文(れんげもん)などがあり、鬼面がなくてもいう。
カンモンキョウ
【関門橋】関門海峡の早鞆瀬戸に架けられたつり橋。自動車専用の道路橋。つり橋部の長さ1068メートル。昭和48年(1973)完成。