ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『エチゼンスイセン(Echizen Narcissus(Fukui Prefecture))』の詳細ページです

【越前水仙】越前海岸に咲く日本水仙の総称。福井市(旧越廼村)の居倉地区が発祥地で、日本三大群生地のひとつとして広く知られています。冬が訪れるころ、水仙たちは寒さから身を守るように寄り添いながら、海岸風景を白く清々とつつみ込みます。一花茎に4~8の花弁をつけ、また香りは甘く清楚でミカンの芳香にも似ています。

エチゼンスイセン(Echizen Narcissus(Fukui Prefecture)) (2件)


同じ種別のイラスト 

エチゼンスイセン
【越前水仙】越前海岸に咲く日本水仙の総称。福井市(旧越廼村)の居倉地区が発祥地で、日本三大群生地のひとつとして広く知られています。冬が訪れるころ、水仙たちは寒さから身を守るように寄り添いながら、海岸風景を白く清々とつつみ込みます。一花茎に4~8の花弁をつけ、また香りは甘く清楚でミカンの芳香にも似ています。

【サイズ】 


関連のイラスト 

ピーマン
トウガラシの変種。実は大きく、独特の香りのある若い果実を食用とする。辛味はない。
センシュウ
【千秋】秋田県生まれのりんごで、親は「東光」と「ふじ」です。1966年(昭和41年)に秋田県果樹試験場で交雑し、選抜・育成して1978年(昭和53年)に命名。1980年(昭和55年)に品種登録されました。千秋という名前は秋田市の「千秋公園」が由来といわれています。
ナシ
【梨】バラ科ナシ属の落葉高木。葉は卵円形。春の終わりごろ、白い5弁花をつけ、秋に大形で果皮に斑点のある実を結ぶ。果樹として栽培され、二十世紀などの青ナシと長十郎などの赤ナシがある。
モミ
【樅】マツ科の常緑大高木。日本特産で、本州・四国・九州の山地に自生。樹皮は黒灰色。葉は線形で、小枝に2列に密生する。6月ごろ、黄色の円筒状の雄花と雌花とが開花し、果実の松かさは直立してつく。材は軽く、建築・家具のほか柩(ひつぎ)などに多用され、パルプの原料にもする。もみのき。もむのき。
ワサビ
【山葵】アブラナ科の多年草。日本特産。渓流の砂礫(されき)地に生える。根茎は太い円柱形で多数の葉の跡があり、緑色。根際から長い柄をもつ心臓形の葉が出る。春、高さ約30センチの茎を伸ばし、白い4弁花を総状につける。根茎は香辛料とし、すりおろすと酵素が働いて鼻につんとくる香気と辛味を生じ、刺身・そば・握りずしなどに用いる。山間地で栽培もされる。
ゴーヤー
レイシ、ニガウリとも呼ばれ、インドが原産らしく、熱帯、亜熱帯地方に広く分布する。チャンプルーの材料には欠かせない材料の味のインスタント焼きそば。