ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『ウメザワノヒダリ(Ejiri in the Suruga province)』の詳細ページです

【相州梅沢左】葛飾北斎による風景版画のシリーズ「富嶽三十六景」の作品の一。現在の神奈川県中郡二宮町の梅沢付近から見える風景を描いたもの。左手前に水場に集まる鶴が描かれ、飛び立った2羽の鶴の向かう先に富士山が描かれている。

ウメザワノヒダリ(Ejiri in the Suruga province) (3件)


同じ種別のイラスト 

ウメザワノヒダリ
【相州梅沢左】葛飾北斎による風景版画のシリーズ「富嶽三十六景」の作品の一。現在の神奈川県中郡二宮町の梅沢付近から見える風景を描いたもの。左手前に水場に集まる鶴が描かれ、飛び立った2羽の鶴の向かう先に富士山が描かれている。

【サイズ】 


関連のイラスト 

イシカリガワ
北海道中西部を流れ日本海へ注ぐ石狩川水系本流の一級河川である。流域面積は利根川に次いで全国2位、長さは信濃川、利根川に次いで3位で、日本三大河川のうちの1つに数えられている。北海道遺産に選定されている。名前はアイヌ民族の言葉からきている。
アメノウミ
月の嵐の大洋に次いで広大な月の海の一つであり、月の表側にある。アポロ15号は、雨の海の南西部にあるアペニン山脈付近に着陸した。37億年前から39億年前に形成した海であり、東の海に次いで若い海である。
イワ
石の大きなもの。岩石。
ユウレイ
「死んだ人の霊」や「成仏できなかった魂の姿」のこと。この世に未練や恨みがあって成仏できない死者が、幽霊となって因縁のある人の前に姿を表すとされています。
サキン
パンニング皿を川底に沈めて砂をすくったり、スコップで掘った砂をパンニング皿に入れたりして、皿の中身が砂の粒や砂鉄だけになるまでゆすります。 残った砂の粒や砂鉄をゆすりながらよく目で確認したら、砂金がある場合は輝いたものが見つかるでしょう。
コハク
地質時代の樹脂の化石。黄色で半透明、樹脂光沢があり、非晶質。しばしば昆虫などの入ったものも見つかる。