ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『シロサカズキホコリ(Proteus)』の詳細ページです

単子のう体型。柄があり、高さが1.5ミリまで。子のうは、こま形~楕円形で、上部は灰白色、下部は褐色~黄土色、 直径が約0.7ミリまで。ふたは、ふつう明瞭ではない。 柄は、褐色~黄土色。石灰節は、大形で、白色。ふつう大きな擬軸柱(写真1)を形成する。

シロサカズキホコリ(Proteus) (1件)


同じ種別のイラスト 

シロサカズキホコリ
単子のう体型。柄があり、高さが1.5ミリまで。子のうは、こま形~楕円形で、上部は灰白色、下部は褐色~黄土色、 直径が約0.7ミリまで。ふたは、ふつう明瞭ではない。 柄は、褐色~黄土色。石灰節は、大形で、白色。ふつう大きな擬軸柱(写真1)を形成する。

【サイズ】 


関連のイラスト 

マヤコダイドウブツ
【マヤ古代動物】マヤの遺跡から、動物の交易や飼育が行われていたことを示す、南北アメリカで見つかった壁画。
タカチホ
【高千穂】宮崎県北部、西臼杵(にしうすき)郡の地名。五ヶ瀬川の上流の町。天孫降臨神話にちなむ高天原(たかまがはら)・天岩戸(あまのいわと)などの地名がある。
ナスカノチジョウエ
【ナスカの地上絵】ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に、紀元前200年~紀元後800年のナスカ文化の時代に描かれたとされる絵で、幾何学模様あり、動植物をかたどった具象図形あり、とさまざま。大きさも数十mから数十kmに及ぶものまで、700を超す数の地上絵が確認されている。
ナスカノチジョウエ
【ナスカの地上絵】ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に、紀元前200年~紀元後800年のナスカ文化の時代に描かれたとされる絵で、幾何学模様あり、動植物をかたどった具象図形あり、とさまざま。大きさも数十mから数十kmに及ぶものまで、700を超す数の地上絵が確認されている。
ナスカノチジョウエ
【ナスカの地上絵】ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に、紀元前200年~紀元後800年のナスカ文化の時代に描かれたとされる絵で、幾何学模様あり、動植物をかたどった具象図形あり、とさまざま。大きさも数十mから数十kmに及ぶものまで、700を超す数の地上絵が確認されている。
ナスカノチジョウエ
【ナスカの地上絵】ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に、紀元前200年~紀元後800年のナスカ文化の時代に描かれたとされる絵で、幾何学模様あり、動植物をかたどった具象図形あり、とさまざま。大きさも数十mから数十kmに及ぶものまで、700を超す数の地上絵が確認されている。