ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『ウエスギケンシン(Kenshin Uesugi)』の詳細ページです

戦国時代に越後国(現在の新潟県)など北陸地方を支配した武将・大名。江戸時代から現代に至るまで私利私欲に拘泥しない「義の武将」という印象が強い。一方で、現代では利害を冷徹に判断しながら、領土拡大に努力した戦国大名として捉える研究者も多い。

ウエスギケンシン(Kenshin Uesugi) (0件)


同じ種別のイラスト 

ウエスギケンシン
【上杉謙信】越後守護代長尾為景(ながおためかげ)の子。初め景虎(かげとら)・政虎、のち輝虎。永禄4年(1561)上杉憲政(のりまさ)から譲られて関東管領となり、上杉氏を名のった。謙信は法名。北条氏康(ほうじょううじやす)と争っての小田原攻め、武田信玄との川中島の戦いなどを経て織田信長と対立したが、業半ばで病死。
ウエスギケンシン
戦国時代に越後国(現在の新潟県)など北陸地方を支配した武将・大名。江戸時代から現代に至るまで私利私欲に拘泥しない「義の武将」という印象が強い。一方で、現代では利害を冷徹に判断しながら、領土拡大に努力した戦国大名として捉える研究者も多い。

【サイズ】 


関連のイラスト 

オジサン
歌川広重の描いた東海道五十三次の5番目の宿場である戸塚にいるおじさん。
リョウカン
【良寛】江戸後期の曹洞宗の僧・歌人。越後の人。号、大愚。俗名、山本栄蔵。備中(びっちゅう)円通寺の国仙和尚に師事。のち、諸国を行脚し、生涯寺を持たず、故郷の国上山(くがみやま)の五合庵に隠棲(いんせい)して独自の枯淡な境地を和歌・書・漢詩に表現した。弟子の貞心尼編による歌集「蓮(はちす)の露」がある。
ロボタン
漫画家の森田拳次と広告代理店の大広による、日本のメディアミックス作品。
スカイン
エネルギアの国の仲間たちの一員で、空の精です。彼はクールでオシャレな存在で、いつでも頼りになる頭脳明晰なご意見番として活躍しています。
クラーク
アメリカ人の教育者。化学、植物学、動物学の教師。農学教育のリーダー。日本ではクラーク博士として知られる。日本における「お雇い外国人」の一人である。 1876年札幌農学校開校。初代教頭。同大学では専門の植物学だけでなく、自然科学一般を英語で教えた。
ツクモ
大工さんの父親とプランナーの娘という建築親子の「ツクモ親子」という新しいキャラクター。プランナーの娘は学生時代、スーモと同級生という設定となっています。