ゆるい感じの手抜きイラスト集です

ゆるい感じのイラスト集です。

現在登録されているイラストは2770件です。随時更新しています。

使用許可やユーザー登録も必要ない完全フリーのゆるいイラスト集です

生活全般

ユキウサギ

【雪うさぎ】福岡県福岡市南区に所在する風月フーズ株式会社が、1965年から製造している土産菓子。

デザインガ

【デザイン画】図像によって物語などを描写もしくは装飾し、文字情報を補助する絵画的な視覚化表現である。

デザインガ

【デザイン画】図像によって物語などを描写もしくは装飾し、文字情報を補助する絵画的な視覚化表現である。

スズメノナミダ

【雀の涙】ごくわずかなもののたとえ。

カネ

【鐘】鐘楼などにつるし、用途により梵鐘 (時鐘) 、陣鐘、喚鐘、楽鐘などに分れ、形状も各種ある。東洋では、中国、周代の楽鐘が漢代の朝鐘となり、のちに寺院の時鐘となって日本にも飛鳥時代に仏教とともに伝わり、現代にいたるまで数多く鋳造されている。

カモネギ

【鴨葱】 鴨鍋に葱はつきものだが、鴨が自分で葱まで背負ってやって来てくれれば、すぐに食べられて好都合であることから。多くは、お人好しが、こちらの利益になる材料を持ってくることを言う。
道具

ウガイグスリ

扁桃炎などのどの炎症や、口内炎、抜歯あとの傷などの口の中の炎症を鎮めたり感染予防、消毒に使われます。

インロウ

【印籠】腰に下げる長円筒形の三重ないし五重の小箱。室町時代に印・印肉を入れていた容器で、江戸時代には薬を入れるようになった。表面に漆を塗り、蒔絵(まきえ)・螺鈿(らでん)・堆朱(ついしゅ)などの細工を施し、緒には緒締め・根付がある。

トレイ

お店のレジで支払いのやり取りに使うショップアイテム。

モップ

長い柄のついた雑巾。床などを掃除するのに用いる。

テント

支柱および布製の覆いを組み立ててつくった簡易な家屋。野営のときに用いる小型のもの、サーカスや芝居の掛け小屋として用いる大型のものなどいろいろある。

パイプ

西洋風の喫煙具。キセル状の刻みタバコ用と、巻きタバコの吸い口用とがある。
人物

ピットクン

こくみん共済 coop(全国労働者共済生活協同組合連合会)の公式キャラクター。

ミムラ

ママミムラ(ミムラ夫人)のいちばん上の娘。ちびのミイ(リトルミイ)の姉で、スナフキンの異父姉です。ちびのミイ(リトルミイ)と同じく、オレンジ色のつやつやの髪を、小つぶのタマネギみたいな形に結っています。

ルフィ

モンキー・D・ルフィ。漫画『ONE PIECE』の主人公。

ゴルドン

別名「黄金怪獣」。角の生えた首長竜のような姿をしている。その名の通り皮膚が純金で出来ており、金を主食とし、地中を時速150㎞の猛スピードで堀回し一日に10兆円もの額の金を食べる。また、乾いた汗が砂金になると言われている。

カンザラシ

長崎県島原市のしまばらPRキャラクター。

ピットクン

こくみん共済 coop(全国労働者共済生活協同組合連合会)の公式キャラクター。
食べ物

パレード

全国清涼飲料水工業会が中小メーカーの統一ブランドとして開発し、国内60数社が製造・販売していた商品。

ラッキョウ

【辣韮】ユリ科の多年草。鱗葉(りんよう)で覆われた卵形の地下茎をもち、葉は線形で根際から出る。秋、高さ約40センチの花茎を伸ばし、紫色の小花を球状につける。中国の原産。鱗茎(りんけい)を漬物にし、特有の香味がある。おおにら。さとにら。

ニクマン

【肉饅】刻んだ野菜などをまぜた挽肉(ひきにく)を調味し、イーストを加えた小麦粉の生地で包んで蒸した饅頭。

チャソバ

【茶蕎麦】そば粉に抹茶をまぜて打ったそば。

ウォッカ

大麦・ライ麦を主原料としたロシアの代表的な蒸留酒。発酵後蒸留し、木炭層を通して脱臭する。特別に香りをつけたものはズブロウカとよぶ。アルコール分が40〜60パーセントで強い。火酒。

ミートローフ

ひき肉を調味し、型に入れるか、角パン形にまとめて蒸し焼きにした料理。切り分けて供する。
食材

パセリ

【parsley】セリ科の多年草。ふつう二年草として栽培され、特有の香りがある。葉は複葉で、細かく裂けている。2年目に淡黄緑色の小花が咲く。地中海沿岸の原産で、日本には江戸時代に渡来。肉料理のつまなどに用いる。オランダぜり。

トウガラシ

【唐辛子】ナス科の一年草。枝を多く出し、葉は長卵形。夏、葉の付け根に白色の5弁花をつける。実は細長く、初め緑色で秋に熟すと深紅色になる。ふつう果皮や種子の辛味が強く、香辛料や薬用にする。南アメリカの原産。

キノコ

【キノコ】特定の菌類のうちで、比較的大型の子実体あるいは、担子器果そのものをいう俗称である。

ステーキ

【steak】厚切りの肉や魚を焼いた料理。ふつうはビーフステーキをいう。

タマネギ

【玉葱】ユリ科の二年生野菜。西アジアの原産といわれる。茎は直立した円筒形で高さ50〜100cmになり下方はふくらむ。葉は濃緑色で、白い球状花を茎先端につける。鱗茎は大型で刺激臭があり料理の味をよくするので肉・煮込料理などに重用される。春まき型と秋まき型があり、日本へは明治の初め欧米から渡来。また最近は紫色の改良種、小型のプチオニオンなどが洋風料理に需要を高めている。

ナンキン

【南京】1 カボチャの別名。<br>2 中国江蘇省の省都。揚子江の南岸に位置し、水陸交通の要衝。古来、三国の呉や六朝・明・中華民国などの都として栄えた。名称は建業・建鄴 (けんぎょう) ・建康・金陵などに変わり、明の永楽帝のとき、北京に対して南京と称した。
料理全般

バラス

ばらばらにする。

ユデル

【茹でる】熱湯で煮る。うでる。

キリ

【切る】つながっているものを断ったり、付いているものを離したりする。特に、刃物などでものを分け離す。

キクネリ

【菊練り】陶芸や蕎麦打ちの際に、材料を練る方法の一つ。

メンウチ

【麺打ち】そば、うどん、そして、ラーメンの麺を作ること。

タマゴザケ

【卵酒】酒に鶏卵の黄身と砂糖を加え、温めた飲み物。寒さ防ぎや風邪のときに用いる。
自然全般

フウッ

寒い時にフウってやる

ニジ

【虹】雨上がりに、太陽と反対方向の地表から空にかけて現れる7色の円弧状の帯。空中の水滴によって太陽光が分散されて生じる。

アノヒ

【あの日】過去の特定の日を指す表現。回想などで用いられる表現。

イワ

【岩】地殻を形づくっている堅い物質。

イズハントウ

【伊豆半島】日本列島のうち本州の南東部に位置する半島。静岡県の東端部に位置し、南へ約50kmにわたって突き出した半島は東岸に相模灘、西岸には駿河湾があり、最南端の石廊崎から太平洋を望む。 明治以前は伊豆国として東海道の1国であった。

ユキ

【雪】雲の中で水蒸気が昇華し、成長した氷の結晶となって降ってくる白いもの。また、それが降り積もったもの。結晶は六方対称形が多いが、気温や水蒸気の量により形はいろいろ変わる。
動物

キツネ

【狐】イヌ科の哺乳類。体長45~90センチ、尾長30~55センチ。毛色は主に橙褐色。口先が細くとがり、耳が三角で大きく、尾は太い。雑食性で、ノネズミを狩るときには高く跳躍して前足で押さえる。日本にはキタキツネ・ホンドギツネの2亜種がすむ。森林や草原のほか人家周辺にも現れ、民話に多く登場。人を化かすといわれ、また稲荷神の使者ともされる。

モンシロチョウ

【紋白蝶】シロチョウ科のチョウ。最も普通にみられるチョウで、翅は白色で、前翅の先端が黒く、前翅に二点、後ろ翅の前縁に一点の黒紋がある。幼虫は菜の青虫・菜種虫などとよばれ、キャベツ・ハクサイ・アブラナなどの葉を食べ、害虫ともなる。年数回発生し、ふつう、さなぎで越冬。

イカ

【烏賊】海産の軟体動物。脚(腕)は十本、うち二本は長い。胴の左右にひれがあり、体内に退化した甲殻がある。腹部には墨袋があり、敵にあえば墨を出して逃げる。食用。干してするめとする。

ウマ

きぐるみのウマです。

カバ

きぐるみのカバです。

ネコ

【猫】食肉目ネコ科の哺乳類。体はしなやかで、足裏に肉球があり、爪を鞘に収めることができる。口のまわりや目の上に長いひげがあり、感覚器として重要。舌はとげ状の突起で覆われ、ざらつく。夜行性で、目に反射板状の構造をもち、光って見える。瞳孔は暗所で円形に開き、明所で細く狭くなる。単独で暮らす。家猫はネズミ駆除のためリビアヤマネコやヨーロッパヤマネコなどから馴化(じゅんか)されたもの。起源はエジプト王朝時代にさかのぼり、さまざまな品種がある。日本ネコは中国から渡来したといわれ、毛色により烏猫・虎猫・三毛猫・斑(ぶち)猫などという。ネコ科にはヤマネコ・トラ・ヒョウ・ライオン・チーターなども含まれる。
植物

スイカ

【西瓜/水瓜】ウリ科の蔓性(つるせい)の一年草。地をはい、夏、淡黄色の雄花と雌花とを開く。実は球形や楕円形で大きい。果肉は水を多く含んで甘く、赤・黄などの色のものがある。アフリカの原産で、品種が多い。日本へは江戸時代の初めごろ中国から渡来したといわれる。

シュロ

【棕櫚】ヤシ科の常緑高木。高さは5メートル以上になり、幹は直立し、枝がなく、麻のような毛で覆われる。頂上に群生する葉は長い柄をもち、手のひら状で大きい。雌雄異株。5、6月ごろ、淡黄色の小花を多数つけ、のち、青黒色で球形の実を結ぶ。南九州の原産。材を書斎・亭などの柱や器物に、毛状の棕櫚皮を縄・たわし・ほうきなどに、葉を帽子・敷物・うちわなどの材料に用いる。わじゅろ。すろ。

ナシ

【梨】バラ科ナシ属の落葉高木。葉は卵円形。春の終わりごろ、白い5弁花をつけ、秋に大形で果皮に斑点のある実を結ぶ。果樹として栽培され、二十世紀などの青ナシと長十郎などの赤ナシがある。

ウイキョウ

【茴香】セリ科の多年草。高さ1~2メートル、葉は細く糸状に裂けている。夏、多数の黄白色の小花が咲く。果実は卵状楕円形で芳香が強く、健胃薬や駆風薬にし、全草を香料に用いる。南ヨーロッパの原産で、古くから栽培。くれのおも。フェンネル。

サツマイモ

【薩摩芋】ヒルガオ科の蔓性の多年草。地をはう茎の節から根が伸び、地中に大きい塊根をつくる。夏、アサガオに似た小花を開く。塊根を、食用のほかでんぷん・アルコールの原料にする。熱帯アメリカの原産で、日本には17世紀に伝わり、薩摩地方でよく栽培され、青木昆陽が普及に努めた。多くの品種がある。かんしょ。からいも。とういも。琉球いも。

イチョウ

【銀杏】イチョウ科の裸子植物。一科一種。落葉高木で、高さ約30メートルに達する。葉は扇形で中央に裂け目があり、秋に黄葉する。雌雄異株。春、葉の付け根に、尾のような雄花、柄のある2個の胚珠(はいしゅ)をもつ雌花をつけ、4月ごろ受粉し、9月ごろ精子によって受精が行われる。果実は丸く、外種皮は熟すと黄橙(おうとう)色で、内種皮は白い殻となって種子を包む。種子は銀杏(ぎんなん)とよばれ、食用。幹や枝から気根を垂らすことがあり、乳(ちち)の木ともいう。
建物

ゼンポウコウエンフン

【前方後円墳】円形の墳丘に方形の墳丘を付設した古墳。平面形は円形と方形とから鍵穴形を呈する。古くは後円部のみに死者を葬ったが、のちには前方部にも葬った。車塚。瓢塚(ひさごづか)。

ニホンサイセイタン

【日本最西端】日本で一番最後に太陽が沈む「最西端の碑」 最西端の碑があるのは、与那国島の西崎。西崎と書いて、「いりざき」と読みます。 沖縄では太陽が昇る方角を「あがり」と言い、沈む方角を「いり」と言うのです。 日本で最も西にあるということで、太陽が一番最後に沈むのも、ここ最西端の碑です。

オオトリイ

【大鳥居】神社の神域を象徴する一種の門。2本の柱の上に笠木(かさぎ)を渡し、その下に貫(ぬき)を入れて柱を連結したもの。厳島神社が有名。

スプートニク

1957年10月4日にソ連が打ち上げた史上最初の人工衛星の名。

コクドウイチゴウセン

【国道1号線】東京都中央区から大阪府大阪市に至る一般国道である。

ボウリングジョウ

【ボウリング場】規定の長さと幅をもった床の先に、正三角形に並べられたとっくり形の10本の棒を非金属製のボールを転がして倒す室内競技であるボウリングを行うための施設である。
学校

カクセンホウ

【画線法】線を引いて、数を数える方法。日本では漢字の「正」の字、欧米では縦に4本、それらを斜めに横切る1本の線を引いて、5の数を表す方法が知られる。

フエキノリ

大阪府八尾市に本社を置く、糊・接着剤などの文具を製造するメーカーである。1886年創業。

カクセンホウ

【画線法】線を引いて、数を数える方法。日本では漢字の「正」の字、欧米では縦に4本、それらを斜めに横切る1本の線を引いて、5の数を表す方法が知られる。

ギンガマン

1998年2月22日から1999年2月14日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜7:30 - 8:00に全50話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。

カップケーキ

カップ形の型で焼いた洋菓子。

ロイターバン

【ロイター板】体操競技の跳馬などで使う、ばね入りの踏み切り板。
スポーツ

ホウガンナゲ

【砲丸投げ】陸上競技で、投擲(とうてき)種目の一。直径2.135メートルのサークル内から片手で所定の重さの砲丸2を投げ、その投げた距離を競う競技。ショットプット。

ジュウドウ

【柔道】日本古来の柔術諸流派をもとに、明治15年(1882)嘉納治五郎によって創始された格闘技。心身を鍛練修養し、青少年の教育に貢献することを目的とした。技は、投げ技・固め技・当て身技の3部門から成る。第二次大戦後、スポーツとして世界的に普及。

カヤック

エスキモーが猟に用いる小舟に似た競技用カヌー。両端に水かきのあるパドル(櫂(かい))で左右交互にこぐ。

ナワトビ

【縄跳び】縄やロープを使った子供の遊び。1人のときは、左右の手で縄の両端を持ち、前後に回しながら、縄に触れないようにジャンプしながら跳ぶ。3人以上のときには、2人が縄の両端をそれぞれ持って、他の者がその中にくぐり入って縄に触れないように集団でジャンプして遊ぶ。また、縄を横に張渡しておいて、それを順に跳んでいって、次第に高くして、1人が残るまで跳ぶ遊び方もある。

トビコミ

【飛込み】水泳競技の一。飛び板飛び込みと高飛び込みとに分かれ、飛び込み動作の正確さと美しさを競う競技。ダイビング。

ヤリナゲ

【やり投げ:javelin throw】陸上競技の投てき種目の一つ。男子は長さ 260~270cm、重さ 800g以上、女子は長さ 220~230cm、重さ 600g以上のやりを、助走をつけて投げ、飛距離を競う。古代オリンピック競技大会からある種目で、近代になってフィンランド、スウェーデンを中心に発達。やりは尖端、柄、グリップの3部分からなる。

2023年01月31日 テーブルサンザ

2023年01月31日 フウセンコアラ

2023年01月30日 マレーバク

2023年01月30日 キャタピー

2023年01月29日 シロサカズキホコリ

2023年01月29日 ヤマベギュウニュウ

2023年01月28日 ホクト

2023年01月28日 ランプ

2023年01月27日 インパラ

2023年01月27日 ブチハラ