ゆるい感じの手抜きイラスト集です

ゆるい感じのイラスト集です。

現在登録されているイラストは3546件です。随時更新しています。

使用許可やユーザー登録も必要ない完全フリーのゆるいイラスト集です

生活全般

カオウ

文書の末尾などに書く署名の一種。初め、自署のかわりとして発生したものが、平安末期より実名の下に書かれるようになり、のちには印章のように彫って押すものも現れた。

ダイタイコツ

大腿の中軸となる長い管状骨。人体の骨の中で最長。

コークス

広義には有機物を、空気を遮断して加熱(乾留)したとき、揮発分が出たのちに残る炭素質の物質の総称。狭義には石炭の高温乾留によって生成する団塊状の炭素質物質をさし、低温乾留によるものは低温コークスといって区別することが多い。

サケビン

酒を入れる小さな器。

カオウ

文書の末尾などに書く署名の一種。初め、自署のかわりとして発生したものが、平安末期より実名の下に書かれるようになり、のちには印章のように彫って押すものも現れた。

スキップ

かわるがわる片足で、かるく飛びはねながら行くこと。
道具

タカラバコ

【宝箱】宝物が入っている箱のこと。

コーヒーミル

焙煎されたコーヒー豆を粉砕するための器具である。家庭用のものを指す名称で、業務用はグラインダー と呼ばれることが多い。仮に焙煎豆のまま抽出しても、そのコーヒーエキスの抽出効率は低く、香味も乏しい。焙煎豆を細かく砕くことで抽出効率も高まり抽出速度も増す。

ワナゲ

【輪投げ】離れた所に立てた棒に輪を投げ入れる遊び。その遊び道具。

ルガーピーゼロハチ

【ルガーP08】ドイツで開発された自動拳銃である。「P08」はドイツ軍での制式採用名である。

クチベニ

人がメイクアップをする際、唇を彩るために使われる化粧品の一種。多くはスティック状である。

ライター

火をつけるための装置である。その多くでは何らかの燃料を消費する燃焼式が主流であるが、電熱式もある。
人物

スカイライダー

昭和仮面ライダーシリーズ第6作目。仮面ライダー、筑波洋は改造人間である。人類の自由の為に、悪の秘密結社、ネオショッカーと闘うのだ!

スティーブジョブズ

米国の実業家。1976年、スティーブ=ウォズニアクと共にアップルコンピュータ社(現アップル)を設立。Macintosh(マッキントッシュ)などのパーソナルコンピューターを発表して地位を築いた。

ソフス

全身真っ黒のネズミ。コミック版『ムーミン谷への遠い道のり(Moomin and Family Life)』でムーミンについてきたネズミ(名前不詳、腹が白い)のいとこで、腹が白いネズミが結婚して引退したので後を引き継ぎ、一人ぼっちになったムーミンが自分に気が付いてくれたことを喜び協力、以後もモブとしてムーミンの影のようにくっついてくる。

ザゴラス

【隕石怪獣ザゴラス】群馬県にある愛野村に有史以前に落下したとされるザゴラス星の隕石(実際は隕石の上に愛野村が出来ている)に付着していた微生物が突然変異を起こして怪獣化したもの。ビーバーのような2本の前歯(ダイヤモンドの1万倍の硬度を誇る)に団扇型の尻尾(ひと仰ぎすることで大ジャンプする他、宇宙線を集める働きがある)と三本爪といった、ユーモラスな外見が特徴。

ゴセンゾサマ

ムーミン一家の夏の水あび小屋でひっそりと暮らしていた長い灰色の毛で覆われた小さなトロールで、彼は千年前のムーミン族の姿をしたご先祖さまなんだとか。

パタリロ

魔夜峰央のギャグ漫画。『花とゆめ』(白泉社)で1978年に連載を開始した。
食べ物

オドン

うどん入りのおでん

チーズ

牛などの乳を乳酸菌や酵素を加えて凝固させ、微生物の作用によって発酵・熟成させた食品。ナチュラルチーズとプロセスチーズに大別される。

ギュウニュウ

【牛乳】牛の乳。白色の液体で、脂肪・たんぱく質・糖分などの栄養に富む。殺菌などの処理をして飲料とし、バター・チーズ・ヨーグルト・酸乳飲料などの原料とする。ミルク。

ハンバーガー

丸いパンにハンバーグステーキを挟んだもの。

ティーバッグ

紅茶・緑茶などの葉を1杯分あるいは数杯分ずつ薄い紙の袋に詰めたもの。そのまま熱湯に浸して用いる。

リョクチャ

【緑茶】茶の若葉を摘んで蒸し、焙炉(ほいろ)の上でもみながら、葉の緑色を損なわないように乾燥させた茶。玉露・煎茶・抹茶など。
食材

ワサビ

【山葵】アブラナ科の多年草。日本特産。渓流の砂礫(されき)地に生える。根茎は太い円柱形で多数の葉の跡があり、緑色。根際から長い柄をもつ心臓形の葉が出る。春、高さ約30センチの茎を伸ばし、白い4弁花を総状につける。根茎は香辛料とし、すりおろすと酵素が働いて鼻につんとくる香気と辛味を生じ、刺身・そば・握りずしなどに用いる。山間地で栽培もされる。

ハム

豚肉を塩水に漬けてから燻製(くんせい)にした加工食品。もも肉の骨付きが本来であるが、ボンレスハム・ロースハム・生ハムや、他の畜肉・魚肉などを使ったプレスハムもある。

カレールー

【curry+roux】小麦粉をバターで炒 (いた) め、カレー粉を混ぜ合わせたもの。調理済みのものが、固形またはペースト状・フレーク状などで市販されている。

シオ

【塩】塩化ナトリウムを主成分とする塩辛い味の物質。海水や岩塩から製し、精製したものは白い結晶で、食生活の基本調味料。食塩。

カキ

【柿】かきのき科の落葉高木。果実はいわゆる柿色で、代表的な秋のくだもの。甘がきと渋がきがあり、それぞれ種類が多い。

ヨモギ

キク科ヨモギ属の多年草。山野に生え、高さ約1メートル。よく分枝し、特有の匂いがある。羽状に切れ込みのある葉が互生し、裏面に白い毛が密生。夏から秋、淡褐色の小花を多数つける。若葉を摘み、草餅 (くさもち) などを作り、餅草 (もちぐさ) ともよぶ。漢方では艾葉 (がいよう) といい止血などに用い、葉の裏の毛をもぐさにする。
料理全般

ブイヨン

主にフランス料理において主にスープのベースとして用いられる肉と香味野菜からとる出汁。

カヤクゴハン

野菜および魚、鳥肉をたきこんだ飯の上に、味付けした野菜、金糸卵などを置いたもの。関西風の五目飯。

クリームコロッケ

かに・えび・鶏肉などをベシャメルソースに混ぜて俵形などにまとめ、小麦粉・溶き卵・パン粉をつけて揚げた料理。ゆでてつぶしたじゃがいもを加えて作ることもある。

ショウユ

【醤油】日本独特の調味料。小麦・大豆を原料とする麹(こうじ)に食塩水を加え、発酵させて絞った液体。濃い口醤油・薄口醤油・たまり醤油・再仕込み醤油(甘露醤油)・白醤油などがある。むらさき。したじ。

アクヌキ

アク止めともいう・野菜などの素材の味や色をよくするために、水にさらすかゆでるかして、素材に含まれているアクを抜くこと。

キナコモチ

焼く或いは茹でた「餅」に、「きな粉」と「砂糖」を同量程度に混ぜて、好みにより塩少々を加えたものを、まぶした餅菓子(スイーツ)である。
自然全般

ハクチョウザ

【白鳥座】北天の大星座。9月下旬の午後8時ごろ南中し、天頂付近に見える。天の川の中に、α(アルファ)星のデネブ・β(ベータ)星のアルビレオなど明るい5個の星が十字形をつくり、また北アメリカ星雲・網状星雲・ブラックホールなどを含む。北十字星。

イテザ

【射手座】黄道十二星座の一。蠍(さそり)座の東隣にあり、9月上旬の午後8時ごろ南中する。この星座の方向に銀河系の中心があり、星雲や星団が多い。中央部にひしゃく形に並ぶ六星を、中国では南斗六星と呼んだ。

ハマベ

【浜辺】浜の水際。また、浜。海辺。

シシザ

【獅子座】仏の座る所。また、高徳の僧などの座する所。

シズク

【滴】したたり落ちる液体の粒。また、それがしたたり落ちること。

オボロヅキ

【朧月】霧や靄(もや)などに包まれて、柔らかくほのかにかすんで見える春の夜の月。
動物

ニワトリ

【鶏】キジ科の鳥。古くから家禽(かきん)化され、東南アジアに分布するセキショクヤケイ(赤色野鶏)が原種に近いといわれる。あまり飛ばず、頭頂に赤いとさかをもつ。卵用のレグホン、肉用のコーチン、卵肉兼用のプリマスロック、愛玩用のチャボ・東天紅・唐丸など、品種が多い。

キハダマグロ

【黄肌鮪】スズキ目・サバ科に分類される魚の一種。全世界の熱帯・亜熱帯海域に広く分布するマグロで、缶詰や刺身などに用いられる重要な食用魚である。

キツネ

【狐】イヌ科の哺乳類。体長45~90センチ、尾長30~55センチ。毛色は主に橙褐色。口先が細くとがり、耳が三角で大きく、尾は太い。雑食性で、ノネズミを狩るときには高く跳躍して前足で押さえる。日本にはキタキツネ・ホンドギツネの2亜種がすむ。森林や草原のほか人家周辺にも現れ、民話に多く登場。人を化かすといわれ、また稲荷神の使者ともされる。

モンシロチョウ

【紋白蝶】シロチョウ科のチョウ。最も普通にみられるチョウで、翅は白色で、前翅の先端が黒く、前翅に二点、後ろ翅の前縁に一点の黒紋がある。幼虫は菜の青虫・菜種虫などとよばれ、キャベツ・ハクサイ・アブラナなどの葉を食べ、害虫ともなる。年数回発生し、ふつう、さなぎで越冬。

イカ

【烏賊】海産の軟体動物。脚(腕)は十本、うち二本は長い。胴の左右にひれがあり、体内に退化した甲殻がある。腹部には墨袋があり、敵にあえば墨を出して逃げる。食用。干してするめとする。

ウマ

きぐるみのウマです。
植物

バラ

【薔薇】バラ科バラ属の低木およびその花の総称である。観賞用植物の代表格といえる種であり、多くの品種が生み出されている。

ヒトヨタケ

【一夜茸】ヒトヨタケ科のキノコ。庭や畑に群生し、高さ6~12センチ。灰白褐色で、胞子が熟すと傘が黒くなって溶ける。ごく若いものは食用になるが、酒といっしょに食べると中毒する。

チューリップ

ユリ科の多年草。鱗茎(りんけい)は卵形で、1本の茎が出て幅広い葉が数枚つく。4、5月ごろ、大きい花を1個開く。花色は黄・白・赤・紫などいろいろ。アジアの原産で、オランダなどで改良。品種が多い。観賞用。

ワライタケ

【笑茸】ヒトヨタケ科のキノコ。有毒で、食べると興奮状態になり、笑い踊るという。馬糞(ばふん)や堆肥(たいひ)などに生え、高さ約10センチ。傘は灰色か灰褐色の平たい釣鐘状で、柄は白い。

ジャスミン

モクセイ科ジャスミン属の植物の総称。低木状・蔓(つる)状のものが多く、200種ほどあり、亜熱帯・熱帯地方に多い。花は白・黄色のものが多く、夏に咲き、筒形で香りがある。ソケイ・マツリカ・オウバイなど。

エダマメ

【枝豆】大豆を未熟なうちに茎ごと取ったもの。さやのままゆでて食べる。月見豆。
建物

オモテナシ

宇宙航空研究開発機構 が開発した月面着陸の技術実証目的のCubeSat。

ロープウェイ

地上にレールを敷設せず、斜面に立て並べた鉄塔に鋼鉄製のロープを張り、屋根の上に滑車をつけたゴンドラや椅子(いす)状の搬器をロープにかけ、曳索(えいさく)というもう1本のロープで引っ張って急斜面を上下させる乗り物。架空索道、空中ケーブルともいう。用地買収が少なくてすむので、建設費はケーブルカーの半分程度である。

ポツントイッケンヤ

市街地や集落から隔離されるようにポツンと建っている一軒家のこと。

ハニワ

【埴輪】4~7世紀ごろ、古墳の上または周囲に立て並べた素焼きの土製品。弥生時代の壺をのせる器台を起源にもつ円筒埴輪と、人物・馬・猪・犬・鶏・水鳥・盾・靫・蓋・家などの形をした形象埴輪に大別される。

サイゴウタカモリ

幕末の武士であり、政治家、軍人でもあった西郷隆盛を讃えることを目的に建立された。

コミンカ

【古民家】日本の住居のうち、建築年数がかなり経過した民家のこと。ただし、具体的かつ明確な定義は存在しない。国が制定する文化財登録制度においては、「50年以上」というのが対象条件になっている。
学校

シンバル

打楽器の一。直径30〜50センチの皿形の金属製円盤で、打ち合わせたり桴(ばち)でたたいたりして音を出す。

カサジゾウ

【笠地蔵】年の暮れに心やさしい老爺(ろうや)が雪をかぶった六地蔵に笠をかぶせてやると、夜中に六地蔵が米や金をお礼に持って来るという話。

カクセイキ

【拡声器】音声を拡大する装置。メガホンやラウドスピーカーなど。

アルトサックス

サキソホンのうち、アルトに相当する音域をもつ楽器。アルトサキソホン。アルトサキソフォン。

コクバンケシ

【黒板消し】黒板にチョークで書かれた字や絵を消すための道具。ラーフル、黒板拭きとも呼ばれる。

ダブルクリップ

紙などを挟むために用いられる文房具のクリップ。
スポーツ

セパタクロー

【sepak takraw】マレーシアのスポーツ。三人ずつの2チームがネットをはさんで、ボールを蹴って相手コートに入れ合う。1990年の北京アジア大会で正式種目に採用された。

テニス

長方形のコートの中央にネットを張り、これを挟んで相対し、ラケットでボールを打ち合って得点を争う球技。使用ボールによって硬式と軟式とがある。試合はシングルス・ダブルス・混合ダブルスの3種がある。庭球。

アイアンクロー

プロレス技の一種である。正式名称はブレーン・クロー(Brain Claw)。脳天締め(のうてんじめ)、鉄の爪(てつのつめ)とも呼ばれる。

アイアンショット

ゴルフで、傾斜面から打つこともあるという点でドライバーとは異なるがダフったりトップしたりせずにクラブのスウィートスポットにボールを当てることが極めて重要でその意味での正確さを重視すべきショットである。

ナミノリ

【波乗り】板などを使って波に乗る遊び。サーフィン。

アイキドウ

【合気道】古流柔術の一派、大東流柔術の流れをくむ武術。関節の弱点を利用した押さえ技や投げ技を特色とする。

2024年06月08日 イカ

2024年06月08日 ナワトビ

2024年06月08日 マヤコダイドウブツ

2024年06月08日 カタツムリ

2024年06月08日 トイレットペーパー

2024年06月08日 タイプライター

2024年06月08日 アンコールワット

2024年06月08日 タカチホ

2024年06月08日 フキ

2024年06月08日 マゲワッパ