ゆるい感じの手抜きイラスト集です

ゆるい感じのイラスト集です。

現在登録されているイラストは3546件です。随時更新しています。

使用許可やユーザー登録も必要ない完全フリーのゆるいイラスト集です

生活全般

チズキゴウ

【地図記号】地図に地表の事象を表示する場合使われる記号をいう。1/25,000の地形図の記号は日本の地図の基本となっており、大縮尺図の地図記号の基本は「国土交通省公共測量作業規程」に定められている。

チズキゴウ

【地図記号】地図に地表の事象を表示する場合使われる記号をいう。1/25,000の地形図の記号は日本の地図の基本となっており、大縮尺図の地図記号の基本は「国土交通省公共測量作業規程」に定められている。

チズキゴウ

【地図記号】地図に地表の事象を表示する場合使われる記号をいう。1/25,000の地形図の記号は日本の地図の基本となっており、大縮尺図の地図記号の基本は「国土交通省公共測量作業規程」に定められている。

シカク

【四角】正方形・長方形などのように、四隅にかどのある形。四辺形。四角形。また、そのようなさま。

レゲエ

【reggae】1960年代後半に、ジャマイカに発生したポピュラー音楽の形式である。4分の4拍子の2・4拍目をギターのカッティング奏法で刻む、3拍目にドラムのアクセントを置く、ベースがうねるようなベースラインを奏でるといった音楽的特徴が見られる。2018年、ユネスコ(UNESCO)の無形文化遺産に登録された。ジャマイカのポピュラー音楽であるスカやロックステディから発展したジャンルであるが、他にも、ジャマイカのフォーク音楽であるメント、アメリカ合衆国のリズム・アンド・ブルースなど多様な音楽の影響を受けて成立している。広義では、ジャマイカ発祥の音楽全般を指すこともある。

ハネツキ

【羽根突き】羽子板で羽根をついて遊ぶこと。また、その遊び。一つのはねを二人以上でつく追い羽根、数をかぞえながら一人でつく揚げ羽根などがある。
道具

ルービックキューブ

立方体の六つの面がそれぞれ9個の正方形に分割された立体パズル。正方形には白・青・赤・橙・緑・黄などのシールが貼られている。立方体を三つの軸で回転させることで、正方形の位置を動かし、すべての面を同色にそろえて遊ぶ。

ガマグチサイフ

【がま口財布】財布は、紙幣や硬貨など通貨の携帯に用いる袋または容器で特に、パカッと大きく開くのが、がま口財布だ。

ビッチュウクワ

【備中鍬】刃の部分を2本から5本のくしの歯状とした鍬。水田の荒起こしなどに使う。

シャシンボード

【写真ボード】木製枠やアルミ枠を使った写真を貼り付けるパネルのことです。

オオバンコバン

【大判小判】江戸時代の金貨。いわゆる大判としては豊臣秀吉の命でつくられた天正大判がもっとも早い。表裏の文字墨書やその手入れ、墨書の書き直しも後藤家で行った。重量と品位に応じて小判に引き換えて用いた。

コオリケズリキ

鉋状の刃のついた台座の上で氷の塊が回転し、氷をスライス状に削りながら氷の塊を繰り下げていく仕組みをもつ。
人物

サスライノナゲ

【さすらいのナゲ】マックナゲット家のご近所のナゲットである。

ワンリキー

【ワンリキー:Machop】『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。かいりきポケモン、「かくとう」タイプ、高さ0.8m、重さ19.5kg。特性は「こんじょう」「ノーガード」、かくれ特性は「ふくつのこころ」。後に「ゴーリキー」に進化する。

ヒコザル

【ヒコザル】小さな猿の様な姿をしたポケモン。お尻には火が付いており、体内のガスをエネルギーとして燃えている。雨に濡れても消えることは無い。その愛くるしい容姿から人気の高いポケモンである。

モスラオヤコ

【モスラ親子:Mothra】東宝特撮映画に登場する怪獣。初登場作品は『モスラ』(1961)。南太平洋インファント島の守り神で、巨大な卵から誕生、成長すると口から糸を吐き繭を作る。繭から孵った成虫の翼長は250メートルにもなり、猛毒の粉を撒く(1961年映画)。東宝特撮映画に数多く登場。人間の味方として登場する事が殆どである。

カビゴン

【カビゴン】『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。

スライム

【slime】ロールプレイングゲーム、「ドラゴンクエスト」シリーズに登場するモンスター。初登場は「ドラゴンクエスト」。青色で水滴状。同シリーズの代表的なモンスターで、色や形の異なる多くの種類が存在する。また同キャラクターを主人公にした派生シリーズ「スライムもりもりドラゴンクエスト」や漫画作品「スライム冒険記」などもある。
食べ物

クリームソーダ

ソーダ水にアイスクリームを浮かせた飲料。アイスクリームソーダ。

タケノコゴハン

【筍御飯】たけのこを細かく刻んで煮しめたものをまぜて炊いた飯。たけのこごはん。

コオリアズキ

【氷小豆】小豆あんに削り氷をかけた食べ物。金時。

クリ

【栗】ブナ科の落葉高木。山地に生え、葉は長楕円形で先がとがる。6月ごろ、黄白色のにおいの強い雄花の穂をつけ、その基部に雌花をつける。種子はふつう3個、いがに包まれた実を結ぶ。種子は食用、材は枕木や建材に、樹皮・いがは染料に用いる。品種が多く、果樹として栽培。

カシワモチ

【柏餅】餡子を餅で包み、柏の葉をかぶせた菓子。端午の節句の行事食。

カキモチ

【欠餅】餅を薄く切って干したもの。焼いたり油で揚げたりして食べる。
食材

ナガナス

【長茄子】ナスの一種。実の細いナス。

ウスクチショウユ

【薄口醤油】色が薄い醤油。そのわりに塩分はやや濃い。関西風料理で多く用いる。

ネリガラシ

芥子の粉を湯または水で練ったもの。

レーズン

ブドウの実を干したもの。

アイスクリームコーン

円錐形の乾燥したペイストリーで、通常ワッフルの生地に似たウエハースで作られる。これによってアイスクリームを手でそのまま握ることができ、ボウルやスプーンなしでも食べることができる。

ピクルス

野菜を、香辛料などで調味した酢に漬けた西洋風の漬物。
料理全般

フライドポテト

熱湯の中に生卵を割り入れてゆでたもの。落とし卵。

イッチョウアガリ

【一丁上がり】料理の一人前ができあがること。 また、できあがったことを知らせる言葉。

バラス

ばらばらにする。

ユデル

【茹でる】熱湯で煮る。うでる。

キリ

【切る】つながっているものを断ったり、付いているものを離したりする。特に、刃物などでものを分け離す。

キクネリ

【菊練り】陶芸や蕎麦打ちの際に、材料を練る方法の一つ。
自然全般

イワ

石の大きなもの。岩石。

ユウレイ

「死んだ人の霊」や「成仏できなかった魂の姿」のこと。この世に未練や恨みがあって成仏できない死者が、幽霊となって因縁のある人の前に姿を表すとされています。

サキン

パンニング皿を川底に沈めて砂をすくったり、スコップで掘った砂をパンニング皿に入れたりして、皿の中身が砂の粒や砂鉄だけになるまでゆすります。 残った砂の粒や砂鉄をゆすりながらよく目で確認したら、砂金がある場合は輝いたものが見つかるでしょう。

コハク

地質時代の樹脂の化石。黄色で半透明、樹脂光沢があり、非晶質。しばしば昆虫などの入ったものも見つかる。

シナノガワ

新潟県および長野県を流れる一級河川 。信濃川水系の本流であり、新潟市で日本海に注ぐ。このうち信濃川と呼ばれているのは新潟県域で、長野県に遡ると千曲川( ちくまがわ )と呼称が変わる。

バーモント

アメリカ合衆国ニュー イングランド の州。 略称Vt.。 連邦加入1791年、14番目。 州都モントピリア。
動物

イノシシ

【猪】いのしし科の哺乳(ほにゅう)動物。全身に黒褐色のあらい毛が生え、首が短く、犬歯が特に長く鋭く、口外に出ている。昼眠り、夜歩いて畑などを荒らす。走ると容易に曲がれないという。

オタマジャクシ

【御玉杓子】カエルの幼生。卵から孵化(ふか)して成体になるまでをいい、丸い体に尾がある。蝌蚪(かと)。かえるご。

シャクトリムシ

【尺取虫】シャクガの幼虫。細長い芋虫で、腹脚が二対しかないので、人が親指と人さし指で尺をとるような進み方をする。静止すると枯れ枝に似る。土瓶わり。すんとりむし。おぎむし。

ストーブネコ

ストーブの前に陣取る猫のこと。

シカ

【鹿】シカ科の哺乳類。日本にすみ、ヤクシカ・ホンシュウジカなどの亜種があり、北のものほど大形。雄は3または4本に枝分かれした角をもつ。毎年4月ごろ前年の角が落ちたあと、袋角が伸び、9月ごろ完成した角となり皮がむける。幼時および夏毛には白斑があるが、冬毛では消失。

ハト

【鳩】ハト目ハト科の鳥の総称。スズメ大から鶏大のものまで大きさはさまざまで、色彩もさまざま。比較的頭が小さく、翼が発達してよく飛ぶ。くちばしを水につけたまま飲むことができ、主に果実・種子を食べる。ひなは、親鳥が吐き出すピジョンミルクとよばれる嗉嚢(そのう)の分泌物を食べて育つ。日本にはキジバト・アオバトなどがすむが、ドバトをいうことが多い。オリーブの枝とともに平和の象徴とされる。
植物

クレマチス

キンポウゲ科センニンソウ属の蔓(つる)植物の総称。園芸上は、カザグルマ・テッセンや外来園芸品種など大輪の四季咲きのものをさす。

ゼラニウム

フウロソウ科の多年草。葉は円形で柄が長い。夏、赤・白色などの花を散形状に多数つける。南アフリカの原産で、鉢植えにし、多くの品種がある。

ナツミカンノハナ

【夏蜜柑の花】ミカン科の常緑低木。山口県で作られたのが最初で、各地で栽培される。葉は楕円形。初夏に白い花が咲き、秋に大形の実を結ぶ。果皮は黄色で厚く、果肉は酸味が強く、生食のほか砂糖漬などにする。夏橙(なつだいだい)。

モミジ

【紅葉】晩秋に草木の葉が赤や黄色に色づくこと。また、その葉。こうよう。

バラ

【薔薇】バラ科バラ属の低木およびその花の総称である。観賞用植物の代表格といえる種であり、多くの品種が生み出されている。

モモ

【桃】バラ科の落葉小高木。葉は細長くて先がとがり、縁に細かいぎざぎざがある。4月ごろ葉より早く、淡紅色のほか白や濃紅色の5弁花を開く。夏に球形の肉厚多汁の実がなり、食用。種子は漢方で桃仁といい薬用。中国の原産。日本では古くから果樹または花木として栽培され、品種が多い。
建物

ヒシガタ

宮城県他の道路にある「横断歩道あり」の道路標示。

モノホシザオ

洗濯物をかけて干す竿。

サイロ

冬季の家畜飼料にする青草類を生に近い状態で貯蔵する倉庫。

ホコラ

神を祀る小規模な殿舎。語源は神道用語の「ほくら(神庫、宝倉)」の転訛という。

イド

主に地下水を汲み上げる目的で使用される、地中に向かって人工的に掘削した採水設備のことです。

ノキ

一戸建ての外壁や窓よりも外側に突き出ている屋根部分を指します。
学校

コクバンケシ

【黒板消し】黒板にチョークで書かれた字や絵を消すための道具。ラーフル、黒板拭きとも呼ばれる。

ダブルクリップ

紙などを挟むために用いられる文房具のクリップ。

バレン

【馬連】木版刷りの用具で、版木に当てた紙の上をこすって絵の具を紙に付着させるもの。撚(よ)りひもなどを渦巻きにした芯(しん)を皮で押さえ、さらに竹の皮で包み、滑りをよくしたもの。

ヨコブエ

【横笛】管を横に構えて吹く笛の総称。日本では、神楽笛・竜笛(りゅうてき)・高麗笛(こまぶえ)・篠笛(しのぶえ)・能管などをいう。おうてき。ようじょう。

ホチキス

紙とじ器の一。取っ手を強く握ると、コの字形の針金が押し出されて紙がとじ合わされる。

イナイイナイバア

児童文学作家・民話研究家である松谷みよ子作の絵本。
スポーツ

バント

野球で、バットを振らずに軽くボールに当て、内野にゆるく転がすこと。

アタック

バレーボールで、ボールを相手コートに打ち返すこと。特にスパイクを指すことが多い。

グローブ

野球用用の皮製手袋。

ジョウバ

馬に乗ること。また、乗っている馬。

ケントウ

拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ。

スモウ

土俵の上で力士が組合って戦う形を取る日本古来の神事や祭で、同時にそれを起源とする武芸や武道の一つ。

2024年06月08日 イカ

2024年06月08日 ナワトビ

2024年06月08日 マヤコダイドウブツ

2024年06月08日 カタツムリ

2024年06月08日 トイレットペーパー

2024年06月08日 タイプライター

2024年06月08日 アンコールワット

2024年06月08日 タカチホ

2024年06月08日 フキ

2024年06月08日 マゲワッパ