ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『ヤリナゲ(javelin throw)』の詳細ページです

【やり投げ】陸上競技の投てき種目の一つ。男子は長さ 260~270cm、重さ 800g以上、女子は長さ 220~230cm、重さ 600g以上のやりを、助走をつけて投げ、飛距離を競う。古代オリンピック競技大会からある種目で、近代になってフィンランド、スウェーデンを中心に発達。やりは尖端、柄、グリップの3部分からなる。

ヤリナゲ(javelin throw) (2件)


同じ種別のイラスト 

ヤリナゲ
【やり投げ:javelin throw】陸上競技の投てき種目の一つ。男子は長さ 260~270cm、重さ 800g以上、女子は長さ 220~230cm、重さ 600g以上のやりを、助走をつけて投げ、飛距離を競う。古代オリンピック競技大会からある種目で、近代になってフィンランド、スウェーデンを中心に発達。やりは尖端、柄、グリップの3部分からなる。
ヤリナゲ
【やり投げ】陸上競技の投てき種目の一つ。男子は長さ 260~270cm、重さ 800g以上、女子は長さ 220~230cm、重さ 600g以上のやりを、助走をつけて投げ、飛距離を競う。古代オリンピック競技大会からある種目で、近代になってフィンランド、スウェーデンを中心に発達。やりは尖端、柄、グリップの3部分からなる。

【サイズ】 

男子は長さ260~270㎝重さ800g以上
女子は長さ220~230㎝・重さ600g以上

関連のイラスト 

トウテキ
手を使って物を遠くへ投げること。ヒトは他の生物より際立って投擲が上手であり、先史時代 から投擲によって狩猟や戦闘 を行なっていた。
バント
野球で、バットを振らずに軽くボールに当て、内野にゆるく転がすこと。
ケイバ
騎手が乗った馬により競われる競走競技および、その着順を予想する賭博である。
スコアボード
競技場の得点などの表示板。
ポロ
 馬に乗って行う団体球技の一種。世界で最も古い歴史をもつ競技の一つである。競技場は270x150mと、フットボールの9倍の広さがある。1チーム通常4人で構成されメンバーは馬に乗りマレットと呼ばれるスティックで球を打つ。
ハンプクヨコトビ
スポーツ種目の一つ。1メートル間隔の三本の線を引いた上で、敏捷性を競うスポーツである。

購入可能なイラストです