ゆるい感じの手抜きイラスト集です

『ナンブテツビン(Nanbu tetsubin)』の詳細ページです

17世紀ごろから岩手県の盛岡市や奥州市でつくられてきた鉄鋳物の総称である。鉄鋳物とは溶かした鉄を、鋳型に流して形をつくる技法。

ナンブテツビン(Nanbu tetsubin) (3件)


同じ種別のイラスト 

ナンブテツビン
17世紀ごろから岩手県の盛岡市や奥州市でつくられてきた鉄鋳物の総称である。鉄鋳物とは溶かした鉄を、鋳型に流して形をつくる技法。

【サイズ】 


関連のイラスト 

マゲワッパ
【曲げわっぱ】スギやヒノキなどの薄板を曲げて作られる円筒形の木製の箱のこと。曲物であり、本体とふたで一組になる。主に米びつや、弁当箱として使われる事が多い。
アカベコ
【赤べこ】福島県会津若松市でつくられる郷土玩具。赤く塗った張り子の首振り牛。疱瘡(ほうそう)除けや子育ての縁起物。
ランタン
ブリキなどで枠を作り、ガラスで四面を囲った灯火。
マンリキ
【万力】工作物を挟んで締めつけ、固定させる工具。バイス。
シューズ
【shoes】靴。短靴。
ナット
ボルトと組み合わせて、物を締め付けるのに用いる機械部品。ふつう外形が六角形で、中央の穴の内面に雌(め)ねじが切ってある。